お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン
高額買取ランク

プラダ(PRADA)について

イタリアを代表するハイブランド、「プラダ(PRADA)」。レザー専門店としてスタートしており、高級感のある素材使いが特徴なのですが、その代表と呼ぶことができるのは「サフィアーノ」。レザーに細かな型押しを施しており、ラグジュアリー感と耐久性を持たせたサフィアーノはプラダが元祖とされているもの。現在は、他のブランドも数多く取り入れていますね。

また、レザー以外でプラダを代表する素材といえば、ナイロン素材の「ポコノ」。撥水性と耐久性が高めてあり、ブラックのポコノは日本でも大ヒット。今だにプラダと聞いてポコノをイメージする人も多いでしょう。
他には、キャンパス地でトートバッグがヒットした「カナパ」も有名。大きなプラダのロゴが入ったタイプが人気ですね。

そんなプラダはバッグや財布、靴といったアイテムを展開しているのですが、共通するのはファッション性とともに実用性も高い点。パーティーといった特別なシーンはもちろん、普段使いにも適したアイテムがそろっており、高い人気を保ち続けるブランドとなっています。

 

 

プラダの歴史

プラダの創業は1913年、レザーを扱いイタリア王室の御用達になるなど成功を収めたのですが、現在のようにイタリアを代表するまでに成長したのは、1978年に創業者の孫であるミウッチャ・プラダの手に経営が移ってから。デザイナーとしても活躍する彼女は、先述の新素材を次々と採用。ファッション性と実用性を両立させることで、高い支持を獲得しました。

また、1980年代にはバッグや財布だけでなく、靴やアパレルなどのコレクションも発表。1990年代にはフェミニン性が強調されたブランド「ミュウミュウ(MIU MIU)」もスタートし、こちらも大成功を収めました。ちなみに印象に残りやすい、ミュウミュウという名称は、ミウッチャの幼少時のニックネームに由来しています。

そんなプラダがブランド創立100周年を迎えたのは2013年。記念して発表されたジャポニズム、日本をテーマとしたコレクションは大きな話題を呼ぶ一方で、事業も拡大。東京だけでなく、大阪や神戸でも旗艦店をオープンさせることで、ますます存在感を大きくしているのです。

 

 

プラダを査定に出す前の注意点

プラダ、そしてミュウミュウも高い人気を持つブランドだけに、次々とニセモノが登場しています。ニセモノを見分けるためには、直接、お品を目にすることが必要。店頭での査定のみとなっておりますのでご了承ください。

また、当店では次にお求めになる方の安心感という意味でも、販売店スタンプ入りのギャランティ(保証書)を重視、買取時には高値を付けています。

プラダの査定を考えていらっしゃるならば、ぜひギャランティも一緒にご持参ください。

また、より高価買取を狙うならば、ハコやショッピングバッグなど付属品もそろえることや、購入時の状態を保つことを考えたいもの。少々劣化してしまっていても、査定前に手入れをすると見栄えはずいぶん良くなります。レザー製品ならば専用クリームなどの使用をおすすめします。

 

 

オンライン査定はこちら

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×