お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン
高額買取ランク

ニキシー管電卓のS-169Pを買取してもらうときのポイント

ニキシー管電卓のS-169Pを買取してもらうときのポイントはいくつかあります。ニキシー管電卓のS-169Pはレトロな計算機で、1970年代くらいまで使用されていた計算機です。今の時代にはないアナログ感や親しみやすさを感じます。レトロで可愛いデザインなので、お部屋のインテリア、お店のインテリアとしても活躍してくれますし、状態に問題がなければ実際に計算を行うことも出来ます。少しでも高く買取をしてもらうには、「インテリアとして使えるくらい状態が良いこと」、「本来の機能性を失っていないこと」という二つのポイントが重要になります。ニキシー管電卓のS-169Pはレトロな製品をコレクションしている人の間では根強い人気がありますし、オークションなどでも頻繁に落札されています。汚れや傷が少なく、問題なく使用できる状態であれば数万円台で買取をしてくれるお店もあるので、オークションに出す前に試しに査定してもらうというのも一つの方法です。

ニキシー管電卓のS-169Pを効果買取してもらうテクニック

ニキシー管電卓のS-169Pは40年から50年くらい前の製品なので、一般的な需要や価値はほとんどないです。しかし、コレクターの中では価値があるものなので、ボロボロの中古でもあきらめてはいけないです。ボロボロの状態でも高価買取してもらうテクニックがあります。まずはニキシー管電卓のS-169Pの状態を確かめます。「付属品は揃っているか」、「電源は入るか」といった基本的なところを確認します。この二つをクリアすれば十分高価買取を狙うことが出来ます。次は「計算機として機能するのか」という点を確認します。電源を入れて、簡単な計算をしてみます。すべての機能が使えれば文句なしですが、多少の誤差や故障くらいならば少しのマイナスポイントで済みます。最後に見た目の状態を確かめます。ほこりだらけの場合はほこりを綺麗に取り、汚れなどがある場合は綺麗にふき取ります。目立った傷や凹み、色あせなどがなければ最高ですが、多少の傷であればそこまでマイナスポイントにはならないので安心してください。まとめると汚れは綺麗にして、直せる範囲であれば修理をすればニキシー管電卓のS-169Pは高価買取が期待できます。

オンライン査定はこちら

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×