お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン
高額買取ランク

買取の前に~セレストロン製天体観測望遠鏡 ADVANCED-VX赤道儀とは~

今回買取対象になっているセレストロン製の天体観測望遠鏡「ADVANCED-VX赤道儀」は最大の特徴として天体観測望遠鏡に欠かせない架台が「ドイツ型赤道儀」である事が挙げられます。この利点は鏡筒を自由に交換できるという点で、セレストロン製の他の鏡筒を使用出来るのは当然ですが、各メーカーから発売されている鏡筒とも接続可能です。使用目的に応じて変更出来るため、その使い勝手の良さから買取市場においても非常に人気の高い商品となっています。また、セレストロン社のADVANCED-VX赤道儀の架台には、日周運動に合わせて自動でモーターが動き、移動する星を追尾するという2軸モータードライブが標準装備されています。経緯台と呼ばれる架台では実現できなかった長時間露出の天体観測がドイツ型赤道儀を使用することで可能となり、マニアの間でもADVANCED-VX赤道儀は大人気です。そのため、買取市場での評価も高いです。

セレストロン製天体観測望遠鏡 ADVANCED-VX赤道儀を高く買取ってもらうポイント

次にセレストロン製天体観測望遠鏡「ADVANCED-VX赤道儀」をより高く買取ってもらうためのポイントを紹介していきます

・レンズの状態
天体観測に限らず、レンズを通して物体を映す製品はレンズの状態が生命線です。特により遠くの物体を捉える天体観測ではちょっとの傷やホコリ、油汚れでも手痛いマイナスポイントになってしまいます。中でも意外と見落としがちなのがカビの有無です。素人目には分からないこともあるので、近くに詳しい人がいれば一度チェックをしてもらう事が必要です。日頃の保管場所は直射日光が当たる場所や湿気の多い場所を避けるべきです。

・セレストロンという社名を活かす
セレストロンは言わずと知れた世界最大の天体望遠鏡メーカーです。特に今回紹介しているADVANCED-VX赤道儀はドイツ型赤道儀を使用するなど買取をするにあたっても有利なポイントが多いです。すでに捨ててしまっているのであれば仕方ないですが、箱や説明書などなるべく新品に近い状態でものをそろえておくと買取時に信頼度が高まります。

・買取時期を考慮する
天体望遠鏡の需要がピークになるのは毎年6月~10月頃です。同じADVANCED-VX赤道儀でも売り出すタイミングを変えるだけで査定額に変化が生じますので、焦りすぎないことも大切と言えます。

オンライン査定はこちら

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×