お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン
高額買取ランク

コーチ(COACH)について

栄枯盛衰が激しいハイブランドの世界、にも関わらず順調に業績を伸ばし続けているブランドといえば「コーチ(COACH)」。

21世紀に入ると勢いを増し、創業時から一貫して手がけているレザーアイテムだけでなく、総合ファッションブランドとして人気を確立しました。

そんなコーチの代表的なアイテムといえば「シグネチャー」シリーズ。

ブランドのイニシャルであるCを図案化、全体にあしらったシリーズが登場したのは21世紀に入ってから。

勢いを増した時期と重なっていますから、今やシグネチャーはコーチの顔といっても良い存在です。

また創業時から手がけているアイテムはレザーグッズ。

タフで独特の風合いを持つコーチのレザーアイテムは、最初に人気を確立した際に数多く手がけられたもの。

現在でも主にメンズ向けのアイテムに見られるシリーズです。

 

コーチの歴史

コーチがニューヨークに創業したのは1941年、野球グローブに用いられるタフでしなやかなレザーを用いたコーチの製品は評判を呼び、人気店へと成長していくのですが、まだまだ世界的なブランドと呼ぶには規模が小さすぎました。

そんなコーチが成長を始めるのは1985年、買収先のサラ・リー社が積極的な出店を開始。

21世紀に入ると株式も上場、豊富な資本を元手に出店のスピードも加速、ブランドを現在の地位へと導いたのです。

そして、社名をコーチから「タペストリー」へと変更したのは2017年のこと。

「ケイト・スペード(KATE SPADE)」や「スチュワート・ワイツマン(Stuart Weitzman)」などのブランドを傘下に収めることで、さらなる成長を志向しています。

非常に順調といえる成長を続けるコーチ、そしてタペストリー・グループ、今後も目が離せない存在なのです。

 

 

コーチの査定時の注意

成長を続けるコーチなのですが、その原動力となっているのは価格戦略。

正規ブティックの出店と同時に、アウトレットショップの出店も加速、多くの人があこがれるブランドから、実際に手にできるブランドへと変貌。

シーズンごとに様々なアイテムも登場し始めました。

それで起こったのが、中古価格の下落。

中でもアウトレットで販売されている、トレンド感のあるアイテムの値段の下がり方は激しいもの。あっという間に安くなってしまいます。

それだけに高価買取を狙うならば、いち早い査定が必要。

海外旅行のお土産で、しっくりこないコーチのバッグをもらったとか。

こんなケースなら、いち早い買取依頼が間違いなく「吉」、さもないとカンタンに買取価格は下落してしまうのです。

気に入らなかったら、いち早く買取というのはブランド物の鉄則なのですが、その傾向がより強いのがコーチなのです。

加えて注意して頂きたいのは、査定は店頭のみでの受付となっていること。

慎重な査定が必要となっておりますので、ご理解をお願いいたします。

 

 

買取商品トップに戻る

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×