お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

イッタラ(iittala)について

フィンランドのイッタラ村のガラス工房から始まったインテリアデザインを専門とするデザイン企業「イッタラ(iitala)」は、「現代的な北欧デザイン」による食器などがよく知られています。デザインはあくまで革新的ですが、イッタラの本質はあくまで、飽きがこないこと、機能的かつ丈夫な一生使える製品を生み出すこと。
そんなイッタラのガラス食器をはじめとする製品は、他のデザインとも合わせやすく、日常生活で非常に使いやすくなるように作られており、世界中に多くの愛用者がいます。

 

 

イッタラ(iittala)の歴史

イッタラの創業は1881年にピーター・マグナス・アブラハムッソンがガラス工房を設立したときとされています。創業当初のフィンランドには腕の良いガラス吹きが不足していたため、スウェーデンの労働力に頼っていました。
1917年にガラス工場は買収されましたが、事業向けのガラス製品を作る一方で家庭向けの商品も作り始めていました。
1920年代になると、イッタラは家庭向け製品を作りながらも、芸術的な商品を作りだすことを模索し、「アイノ・アアルトのガラス器」や「アルヴァ・アールトのガラス器」などの製品が成功を収めました。
イッタラはその歴史の中で幾度かの統廃合を繰り返しながら、現在ではアラビアブランド等も扱う会社となって活動を続けています。

 

 

イッタラ(iittala)の買取について

デザイン性が高く機能的で大人気ブランド食器のイッタラは中古相場でも非常に人気と需要があるブランドです。
特にコレクション性もあるイッタラバード、実用的な機能美が人気のティーマ、高級感のあるカステヘルミなどのシリーズは高価買取となることも多くあります。

・イッタラバード
イッタラの人気シリーズで一つ一つが手作りのため、個体ごとに個性がありコレクションしても楽しいシリーズです。

・ティーマ
レンジやオーブンでも使用可能な耐熱性の高いティーマのボウルやプレートは日常使い用としても大変人気があります。

・カステヘルミ
日用品としての耐久性の中にも優美で高級感のあるデザインが人気です。

 

 

オンライン査定はこちら

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×