お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン
高額買取ランク

アリアプロII(Aria Pro II)について

「アリアプロII(Aria Pro II)」は日本の楽器商社、荒井貿易のエレキギター、ベースのブランド。他の日本のメーカー同様、ギブソンやフェンダーのコピーモデルの製造からスタートたのち、オリジナルモデルで評価を確立したブランドです。

代表的なモデルはレスポールタイプのエレキギター「PE」シリーズ。福山雅治や渡辺香津美が使用していることでも知られており、中でも1980年代に造られたモデルはジャパンヴィンテージの流れで再評価中。ユーズドの市場でも高い人気となっています。またエレキベースの代表的なもの「SB」シリーズ、アリアプロIIならではの電子回路が評価され、海外の有名ミュージシャンにも愛用者多数という人気モデルです。他にもアリアプロIIは、ストラトキャスターから発展させた「RS」や「FL」、セミアコの「TA」といったモデルを製造しています。

また近年登場して話題となっているのが、アリアプロIIの上位ブランド「APII」。プロが使用することを意識した造りになっており、ピックアップもブランドオリジナル。パーツや細部もアリアプロIIよりもグレードが高い造りとなっています。

 

 

アリアプロIIの歴史

名古屋市に本社を持つ楽器商社「荒井貿易」がオリジナルギターのブランド「アリアプロII」を立ち上げたのは1975年ごろ。それまでにも「アリア(Aria)」のブランドでアコースティックギターを手がけており、エレキギターでは「アリア・ダイアモンド」のブランドを持っていた荒井貿易が、より本格的なエレキギターやベースを志向して立ち上げたのがアリアプロII、ちなみにアリアは創業者の名字である「Arai」のアナグラムとなっています。

そんなアリアプロIIも当初は海外のギターブランドのコピーモデルを主に手がけていたのですが、次第にオリジナリティを出し始め、1970年代には一定の評価を獲得。国内だけでなく、海外の有名ミュージシャンもアリアプロIIを愛器として使用するようになりました。

現在、荒井貿易が展開するのはアリアプロIIだけでなく、上位ブランドのAPII、初心者向けのレジェンドやブリッツ、サイレントシリーズのシンソニードなど多数あるもの。これからもアリアプロIIは、幅広いニーズに応え続けていってくれることでしょう。

 

 

アリアプロIIを査定に出す前の注意点

現在、エレクトリックギターやベースのユーズド市場でおこっているのが、ジャパンヴィンテージの再評価。昭和の時代に造られた、国産モデルが高く評価されています。中でもアリアプロIIのPEシリーズには、ブランドが単なるコピーから脱却するきっかけとなったほどの力作ということもあり、結構なプレミア価格が付いているもの。古いアリアプロIIを捨ててしまおう、そんなことを考えているならば、ぜひ当店で査定をさせてください。

ジャパンヴィンテージのアリアプロIIならば、音が出ないなどのトラブルを抱えていても、ぜひ相談をしていただきたいのですが、状態が良ければよいほど買取価格も高くなるもの。

査定前にはボディのホコリや汚れを落としたり、弦を外してネックを念入りに拭いたり、通電部分に接点復活剤を使用することは重要です。

一手間かけたアリアプロIIで、高価買取を狙ってください。

 

 

オンライン査定はこちら

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×