買取実績詳細

2017/12/06

スクウェア FC キングスナイト 箱・説明書 あり レトロゲーム

買取金額 ¥300

「スクウェア FC キングスナイト」買い取ります!

【2017/12/1 】現在買取価格!

※買取金額は、お品物の状態や、相場、在庫状況によって常に変動しています。
買取実績の金額は過去の実績となります。
買取保証金額ではありません。
詳しくはお電話かお見積もりフォームからお問合せください!

 


レトロゲームとは?

レトロゲームとは2000年頃までは1990年より前のゲームを指す事が多かったです。

例をあげるとファミコン以前のゲームが該当しました。しかし2007年頃より買取店では1994年発売のセガサターンもレトロゲームと呼ぶようになってきています。明確な線引きがある訳ではありませんが、目安としては1995年以前のゲーム全般をレトロゲームと考えるのが一般的です。レトロゲームはゲーム創成期の物であり、様々実験的なアイデアが込められています。最新の技術には無い素朴さを好む人達が近年のレトロゲーム市場層を形成しています。

 

レトロゲームの歴史

日本で初めて発売されたレトロゲームは1975年のアメリカのアタリ社が開発した「PONG」です。

アタリ社は1974年にスティーブジョブスが入社するなど当時のアメリカで優秀なエレクトロニクスの才能を持つ学生が集まる会社でした。このゲーム機は今の様なカートリッジを交換して複数のゲームができるものでは無く、1種類のゲームしかできないハード・ソフト一体型の製品でした。その後任天堂から1977年にテレビゲーム15、6と一体型の複数のゲームができる機種が相次いで発表されました。同年にアタリから「アタリ2600」というカートリッジでゲームソフトを交換する現在の形式の機種が発表され、その後も各メーカーから様々な種類のレトロゲームが発売されます。しかしどれも市場の主力となるゲームには至りませんでした。その後1983年に任天堂から出た「ファミリーコンピューター」が当時ゲーム業界の「一人勝ち」の状態になっていきます。この時から多くのレトロゲームが発売されていき、その後1990年にはスーパーファミコン、1994年にプレイステーションがSCEから発表され、レトロゲーム市場を形成していきます。

 

レトロゲームを高く売るコツ

レトロゲームを高く売るコツは状態が良い事です。

レトロゲーム自体に傷や汚れが無く、箱や付属品が完備している未開封品や新品が買取市場では高く買取する事ができます。しかし中古だから高い買取価格がつかない訳ではありません。限定品のレトロゲームやシリーズ物でまとまったレトロゲームは高価買取の可能性が高い商品です。この様な商品が自宅で眠っている状態ならば、経年劣化が進む前にぜひレトロゲーム専門の買取店に査定してもらう事をおすすめします。レトロゲームはカートリッジとゲーム機本体との接合部で接触不良を起こす場合が多くみられます。高値買取のため自宅での簡単なメンテナンスとして接触部の汚れをホームストアで売っている接点復活スプレーで汚れやサビを落として接触を良くするようにしてください。最後にレトロゲームの買取価格は常に変動しています。買取価格が気になる方はあらかじめ電話で直接買取業者に問い合わせする事をおすすめします。

無料査定・お見積・お問い合わせはこちら

0800-800-4751

営業時間 AM10:00~PM8:00 ※年中無休

インターネットでのお問い合わせ