余市のお酒買取

余市について

余市とは?

余市は、日本を代表するウイスキーブランド「ニッカウヰスキー」から販売されています。重厚で力強い味わいと、豊かな香りが特長のシングルモルトウイスキーです。日本だけでなく世界中の人々から愛されています。
余市の香りは、やわらかな樽熟成香・麦芽の甘さ・豊かな果実香、それらが複雑に混ざり合い、深みのあるものとなっています。口に含めば、オークの甘さとピートの香ばしさ、そしてオレンジのようなフルーティな味わいを楽しめます。飲み終わった後はオークの甘さとスモーキーさがゆっくりと持続し、その豊かな余韻は安価なウイスキーとは比べものになりません。
シングルモルト余市は、ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝がウイスキーづくりの理想の地として選んだ北海道・余市にある蒸溜所でつくられています。海と山に囲まれた北海道・余市の気候は、寒冷かつ湿潤で、スコットランドの気候とよく似ています。そんな余市の気候は、重厚で力強い味わいのウイスキーを生み出すのに欠かせません。

●余市 1990
ニッカウヰスキー余市蒸溜所で蒸留された余市1990は満20年の貯蔵を経たモルトウイスキーのみをバッティング(混和)したヴィンテージモルトウイスキーです。
冷却ろ過をせずにびん詰めを行うノンチルフィルタードにより、香味成分が豊富に残り、より豊かな香りと複雑な味わいが楽しめます。
アルコール度数は50%で力強く重厚な味わいを実現しています。

余市の歴史

余市は、1989年に販売が開始されました。「日本で本物のウイスキーをつくりたい」そんな大きな夢を抱き、竹鶴正孝はたった一人で海を渡りました。ウイスキーづくりの本場・スコットランドで学んだ竹鶴は、帰国後、ウイスキーづくりに適した場所を探し求めます。そして1934年、スコットランドとよく似た気候風土を持つ北海道・余市に、余市蒸溜所を開きました。この場所で竹鶴は、理想のウイスキーづくりを追求します。
力強く重厚なモルトウイスキーづくりを目指した竹鶴は、石炭直火蒸溜を採用しました。熟練の職人技が必要なため、現在では、この蒸溜方法を行う蒸溜所はほとんどありません。しかし、余市蒸溜所では竹鶴の思いを受け継ぎ、今も石炭直火蒸溜という伝統的な製法で、ウイスキーをつくり続けています。シングルモルト余市の奥深い味わいは、この伝統的な製法を守り続けているからこそ生み出されるものです。

余市のお酒を高く売るコツ

ウイスキーの中でも人気の高い余市ですが、どうすればより高く売れるでしょうか。高く売るためのポイントは、2つです。
1つ目のポイントは、できるだけ外見をきれいな状態にしてから売ることです。お酒は、中身だけに価値があるのではありません。お酒を売るときは、ボトルについたホコリや汚れを拭き取ってから査定に出しましょう。また、購入時に入っていた箱など付属品が揃っていると、より高値で売ることができます。
2つ目のポイントは、飲まないお酒はなるべく早く売ることです。お酒も食料品ですから、長期間放置すると、劣化したり蒸発したりするかもしれません。「飲まない」と思ったら、お酒の価値が下がる前に売りましょう。
なお、お酒の買取価格や状況は在庫状況によって変動します。気になる場合は、あらかじめ電話で確認してください。

お酒買取の無料査定・お見積・お問い合わせはこちら

0120-06-4147

営業時間 AM10:00~PM8:00 ※年中無休

超かんたんお酒買取価格の見積フォーム

スタッフブログ