グレンフィディックのお酒買取

グレンフィディックについて

グレンフィディックとは?

あざやかな緑の瓶に大きな金の鹿の絵が描かれたラベルが特徴のウイスキーと言えばグレンフィディックです。瓶の形が丸ではなく三角形をしていると言うことも特徴の一つです。

スコットランドのスペイサイドは、多くの蒸留所が集まっていますが、その中でも最も大きなシェアを持っているシングルモルトウィスキーとして有名です。フィディック川の谷にある蒸留所であることから「鹿の谷」という意味のグレンフィディックと言う名前がつけられました。

淡い柑橘系のフレッシュで軽めな香りとドライだけどしだいに甘味を感じるテイストが多くの人に好まれています。

●グレンフィディック 12年
ウイスキーを初めて飲む人にお勧めで、かつ、ウイスキーを飲み続けてきた人にとってもスタンダードとなるお酒です。
グレンフィディック 12年は味わいのバランスが取れていて、さらに価格もお手頃でコストパフォーマンスが良いため、現在「世界で最も売れているウイスキー」となっています。
●グレンフィディック 15年
グレンフィディック12年と比較して、飲みやすさはそのままに、味わいがより深くなり、熟成が進んだことで、蜜のような味わいを感じることができます。
●グレンフィディック 18年
少し赤みがかかった琥珀色に、杏子のような熟したフルーツのような香りと麦芽の香りが混ざり合い、口に含むとスムースで穏やかで、香りほどの甘さがなくスパイシーでフルーティーな甘みと酸味のバランスが良いのが特徴です。
また、グレンフィディック 18年にはボトル全体が金色の装飾されている限定のスーペリア リザーブ 陶器ボトルも販売されております。

グレンフィディックの歴史

グレンフィディック蒸留所の歴史が始まったのが1886年からです。創始者のウィリアム・グラントは20年間勤めたモートラック蒸留所を辞めて、念願だった蒸留所をフィディック川のほとりに作ります。カーデュー蒸溜所から売りに出された中古の設備を購入し、たった一人の石工を雇った以外は家族総出で建設に着手しました。そして1年後のクリスマスに最初の蒸留が始まりました。

それからしばらくはブレンド用としてモルトウイスキー出荷していましたが、1960年から当時では珍しいシングルモルトとして大々的に売り出します。軽めのテイストだったことが功を奏し、たちまち世界的に広く知れ渡ることになります。現在でも世界で最も売れているシングルモルトウイスキーとして知られています。

この蒸留所の特別なところは、瓶詰め設備まで持っていることで、蒸留から瓶詰めまでを一貫して行なっています。このような作り方を今でも伝統的に続けているところも魅力です。

グレンフィディックのお酒を高く売るコツ

グレンフィディックは、世界で一番売れていると言われているシングルモルトですが、他のウイスキーと同様に年数の経っているものは高額で買い取ってもらうことができます。例えば20年を超えるものであれば、かなりの金額まで上がります。

そして特に限定で生産される陶器ボトルは瓶と比べて2倍から3倍程度の価格になる場合もあります。特にボトル全体が金色をしているグレンフィディック 18年 スーペリア リザーブ 陶器ボトルは、かなり高い価格で取引されています。ただし、ボトルにキズがあるなど保管状態が悪いことや箱などの付属品の欠品していること、ラベルに汚れや欠けなどがあるような場合は、買い取り価格が下がることがあるので注意する必要があります。

また、在庫の状況に応じて価格が変動するので、買取前にあらかじめ電話で確認しておいた方が安心です。

グレンフィディックの買取実績

  • グレンフィディック 35年の買取金額:¥150,000 買取日:2015/4/23
    • 東京
    • 40
    お客様の声:仕事のお付き合いでお酒をもらうのですが、自分では飲まないお酒の処分に困っていて、買取してくれるところを知人から教えていただき、今まで捨てていたものがお金になるなんて、とてもたすかります!
  • グレンフィディック 21年 ウェッジウッド製陶器ボトルの買取金額:¥20,000 買取日:2015/8/6
    • 神奈川
    • 30
    お客様の声:お酒も売れるの?ということにびっくりしたのと、日曜日も営業しているのでとても助かります。
    お酒以外も買取してもらえるので、買い物ついでにまた利用します。

お酒買取の無料査定・お見積・お問い合わせはこちら

0120-06-4147

営業時間 AM10:00~PM8:00 ※年中無休

超かんたんお酒買取価格の見積フォーム

スタッフブログ