買取実績詳細

2017/11/22

富士電線 LANケーブル スーパーコイル TPCC5 Cat.5e 0.5mm×4P 300m 未使用品

買取金額 ¥2,500

富士電線 LANケーブル スーパーコイル TPCC5 Cat.5e 0.5mm×4P 300m 未使用品

【2017/11/22 現在買取価格!】

※買取金額は、お品物の状態や、相場、在庫状況によって常に変動しています。
買取実績の金額は過去の実績となります。
買取保証金額ではありません。
詳しくはお電話かお見積もりフォームからお問合せください!

 


LANケーブルの使用シーン

LANケーブルとはパソコンやプリンタ等のOA機器を接続するためのケーブルです。種類は大きく分けるとクロスケーブルとストレートケーブルがあり、2つのパソコンを直接接続する時に使用するのがクロスケーブルで、ハブを経由して接続する際に利用するのがストレートケーブルです。
例えば事務所の中に、10台のパソコンとパソコンからつながるファイルサーバ、印刷物を出力するプリンタが必要となる場合、中心に複数のLANケーブルを束ねるためのハブを置き、ストレートケーブルで10台のパソコンとサーバ、プリントをそれぞれ接続します。このようなLANケーブルですが、事務所を撤去したとき等には多数のケーブルが不要品として発生しますので、どのようなところで買取してもらうかを検討しておくことも重要です。

 

LANケーブルの中で人気のあるメーカーとモデル

LANケーブルはいろいろなシーンで利用されるものであるため、例え中古品であってもその状態によっては買取していただくことが可能です。そして実際に買い取ってもらえるか否かや、どのくらいの買取価格になるかどうかはメーカーやモデルによって大きく変わります。例えば日本製線のLANケーブルはとても人気があり、学校やオフィスのLAN工事などにも使われる0.5-4P NSEDT WHは高額な査定となる場合があります。
他にも、CHORDのSarum Tuned ARRAY Ethernet LAN CableやAugLineのAUGLINELAN1.0等、高額査定が期待できるLANケーブルは他にもいろいろあるため、メーカーやモデルは注意して確認したほうがよいでしょう。

 

LANケーブルをなるべく高く買い取ってもらうための注意点

LANケーブルを少しでも高く買い取ってもらうためには注意が必要です。まず、LANケーブルは新品であるか中古品であるかで査定金額が大きく変わるため、新品の場合はむやみに開封したりせず、箱や袋も残しておいたほうがよいでしょう。また、中古品の場合は状態によって買い取りしてもらえるか否かが決まるため、不要になったものはあまり無意味に保管せずに早めに売却したほうがよいでしょう。その他、LANケーブルを買い取りしてもらう買取店も考慮が必要です。買取専門店は基本的に未使用品の買い取りがメインのため、中古品は買い取ってもらえない場合がありますが、リサイクルショップの場合は買い取ってもらえる可能性が高いです。また、LANケーブルが大量にある場合はスクラップ業者に持ち込むのも1つの方法です。

無料査定・お見積・お問い合わせはこちら

0120-06-4147

営業時間 AM10:00~PM8:00 ※年中無休

インターネットでのお問い合わせ