買取実績詳細

2017/10/22

【古河電工産業電線株式会社】VVFケーブル 2X2.0 未使用品

買取金額 ¥2,800

【2017/10/22(日)更新分】

※買取金額は、お品物の状態や、相場、在庫状況によって常に変動しています。
買取実績の金額は過去の実績となります。
買取保証金額ではありません。
詳しくはお電話かお見積もりフォームからお問合せください!

※公団用はお取扱いしておりません。
※水濡れ、汚れがあるもの、使いかけのものはお買取いたしておりませんのであらかじめご了承くださいませ。

※電線は店頭持込のみの買取対応となります。予めご了承ください。

 


Fケーブルの使用用途や活用シーン

Fケーブルとは電材の一種で、「FLAT-type」の頭文字からその名がつけられています。ケーブルとは、主に銅が用いられている芯線の周りを絶縁被膜で囲み、その外側を外装被膜で覆ったものを指します。電線とケーブルに明確な違いはありませんが、太くて複雑な構造を持ち外装のあるものをケーブルと呼ぶことが一般的です。Fケーブルは平らな断面でできており、住宅用の屋内用配線として建物の照明やコンセント回路へ電源を供給するためのケーブルとして利用します。芯線は2芯から4芯までが主流で、結線ミス防止のためにそれぞれの線が黒、白、緑などで色分けされています。芯の太さは1.6mm、2.0mm、2.6mmのタイプが多く、それぞれ許容電流値に応じて使い分けられ、電材買取でも多く流通されています。

Fケーブルの人気メーカー・モデル

Fケーブルは「富士電線」「矢崎」「弥栄電線」などが主な生産メーカーとして知られています。特に富士電線製のケーブルが人気で買取強化対象となるケースが多いです。様々な種類のFケーブルがある中で、「VVFケーブル」と呼ばれる600V規格のビニル絶縁、ビニルシースタイプのものは絶縁体やシースに自己消火性を持っているため安全性が高く、回路識別が誰でも分かるようになっています。そのため多くの建築現場で用いられており、シースの剥離性や絶縁体の引き抜き性を向上させ、電気工事での作業効率化を高めた製品も出てきています。一方で、火災時の安全や廃棄物処理上の環境面での対応のために、非ハロゲン材を用いた耐熱性を持ち発煙性の低いケーブルが開発されており、一部のFケーブルにも導入されています。

Fケーブルの買取事前準備と注意点

Fケーブルの高値買取には、製造から2年以内の未使用品でビニル破れや水濡れがなく、一定数量以上あることが前提です。
未使用品であっても水濡れや著しい汚れがあるものは対象外となるため、製品の取り扱いには十分注意しましょう。
VVFケーブルは、直射日光に当てると外装被膜が劣化し、内部に水分が浸透して絶縁状態が悪くなります。
そのため、室内保管はもちろんのこと、あまり湿度の高くない暗所に保管することが大切なポイントです。
未使用品であっても商品の袋が破れている場合は、買取金額が減額となることがあるため製品の状態をよく確認しておきましょう。買取強化対象商品は在庫状況によって予告なく変動することがあるため、あらかじめ買取業者に問い合わせることが無難ですので覚えておきましょう。

——————-

電動工具買取専門店みっけ

【柏店】 〒277-0837 千葉県柏市大山台1-17  /営業時間10:00~20:00

04-7137-7112 フリーダイヤル0120-06-4147

 

【板橋店】 〒173-0023 東京都板橋区大山町24-15アーク大山ビル1F /営業時間10:00~19:00 不定休

03-6909-5670 

条件で絞り込む

フリーワード検索
カテゴリー検索
月別検索

無料査定・お見積・お問い合わせはこちら

0120-06-4147

営業時間 AM10:00~PM8:00 ※年中無休

インターネットでのお問い合わせ