経営統合でソキアは、計測工具の世界的トップメーカーへ

 b223780703.1

同業種との経営統合で、世界規模の企業へ

土木や建築の工事、これらは全て測量からスタートするもの。
それだけ、需要が高い業務でありながら、その内容があまり知られていないのは、専門性が極めて高い分野だから。それだけに、測量に不可欠な計測工具も非常にマニアックなものなのです。

「ソキア・トプコン」、この名前をはじめて耳にした人は100%、海外メーカーと思うはずなのですが、このソキア(SOKKIA)も、トプコン(Topcon)もれっきとした日本のメーカー。

両者は長年ライバルメーカーとして、計測工具や測量器具、GPSなど同ジャンルの世界で競い合ってきましたが、2008年に経営統合。ソキア・トプコンとして再スタートを切り、世界有数の計測工具メーカーとなりました。

特にソキアは創業は1920年という非常に長い歴史を持つ測量工具メーカー。
もちろん測量に携わる人たちの間では非常に知名度が高い企業なのですが、何しろ専門性が高い分野だけに同じ現場で働いている人でも、異業種だとよく知らなかったりします。

しかしソキアは昔から、世界中に営業所と販売網を持つ優良企業。トプコンとの経営統合により、ますますその強みを発揮しているのです。

 

近年の主力は、トータルステーション

トータルステーション、GNSS、三次元測定システム、電子セオドライト……これらは、現在ソキアが手がけている主力商品。あまりにも専門的すぎて、部外者には何に使うのかすら全く理解できないものばかりなのです。

しかし、測量に携わる人たちにはなくてはならない物ばかり。
とりわけ「トータルステーション」と呼ばれる、対象物のデータを瞬時に取り入れ、加工や可視化がおこなえる計測工具は非常にポピュラーなもの。これが、ソキアの主力製品となっているのです。

b221918749.2

 

こんなマニアックなものまで? 当店ならば大丈夫です

「測量の世界でしかニーズがないような、計測工具なんて売れるのかな?」……工具買取を看板に掲げている大抵のショップでは、難しい……そんなケースも多いでしょう。
しかし、当店のスタッフは工具のスペシャリスト揃い、豊富な専門知識を持っていますから、マニアックなソキアの計測工具も得意としているのです。

加えて、通常の工具買取店にはない強みは、販路の豊富さ。
DIY用の電動工具を探しているといった一般の方から、専門性が高い測量会社さんまで、幅広いお客さんからご愛顧をいただいています。
だから、ソキアの計測工具といったものまでも買取が可能、また直接お客さんまで届けますから、中間コストを大幅に削減。高価買取という形で還元しています。

「こんな工具まで大丈夫?」そう思ったら、悩む前にぜひ、当店までご連絡下さい。

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

測量を今も昔も支え続けるハイテク企業、トプコン

g187335131.1

トプコン、実は由緒正しい老舗なのです

遠方の敵に標準を合わせる、そのためには高性能の光学機器が必須。
先の対戦中、海軍でこの役割を担っていたのが日本光学工業、現在はニコン、言わずと知れたカメラの世界的メーカーです。
対して陸軍でこの役割を担っていたのが東京光学機械株式会社、現在は「トプコン」。
土木や建築の現場には計測工具や測量器具、医療の現場や眼鏡店では検眼機などを手がけているのです。

このような歴史を誇るトプコンだけに、測量の現場では信頼性はバツグン、知らない人は居ないブランドとなっているのですが、どうしてもニッチな世界だからでしょうか。
2008年にライバル企業であったソキアを子会社化、「ソキア・トプコン」と社名を改め、新スタートを切ることとなりました。

現在トプコンのブランド名で製造されているのは、GNSSやトータルステーション、3Dスキャナなどなど。ソキアのブランドで同様の製品もリリースされて続けられているのが面白いところです。

これはトプコンにもソキアにも、両方のブランドに古くからのファンが付いているから。そして、ファンをひきつけるのにふさわしい製品を、長年製造し続けてきたからに違いありません。

トプコンブランドはこれからも、測量の世界を支え続けるのです。

 

 

近年はGPS関連製品が熱い!!

測量をおこなうには位置情報が重要というわけで、トプコンは早くからGPS関連機器の開発に取り組んできましたが、近年実用化し話題になったのが、スマート農業システム。
これは畑を耕すのにGPS情報を活用したもので、トラクターを自動制御し効率化とオペレータの疲労軽減に大きく寄与しているのです。

これらと同様に、従来からリリースし続けてきた測量器具もハイテク化。「位置情報+測量」というポジショニングというジャンルでは世界一のシェアを獲得するまでに至っています。

信頼性、そしてハイテク性、測量の世界を両面でリードするのがトプコンなのです。

 

g187335131.2

測量システムを構成する一部でも、買取はOK

測量の世界も随分様変わりし現在、主力で用いられているのがGNSSやトータルステーションといった測量工具。これらは複数台数のセットで用いられるケースが多いのですが、買取なら受信機1台からでも大丈夫。ターミナルやイメージステーションなど、それぞれ単品での買取りもおこなっています。

他にもトプコンの製品で、こんなの買取ってもらえるかな? と思ったら、お問合せだけでもお気軽にどうぞ。査定はもちろん無料となっております。

 

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。