育良精器(IKURA) 電動工具鉄筋カッター・パンチャー・圧着のミニパンチャーIS-20MPSはプロアマ問わず簡単に使える 

IS-20MPS

育良精器(IKURA) の電動工具、鉄筋カッター・パンチャー・圧着のミニパンチャーIS-20MPSの特徴は

電動工具などを販売する会社の中でも、かなり専門性の高い機器を世に送り出しているのが育良精器(IKURA) です。その他の電動工具メーカーと違ってあまり馴染みのない会社かもしれませんが、その道に従事する方々にとっては、痒いところに手が届く存在として認識されているのは確かです。さて今回は育良精器(IKURA) の鉄筋カッター・パンチャー・圧着シリーズから油圧式電動工具のミニパンチャーIS-20MPSの特徴を少し紹介させてもらいます。このミニパンチャーIS-20MPSは鉄筋カッター・パンチャー・圧着作業の真ん中、パンチャー(穴あけ)作業を行えるモノになります。

IS-20MPSは育良精器(IKURA) が提案する鉄筋カッター・パンチャー・圧着などのラインアップの中では、下から2番目のモデルで、比較的柔らかいとされる軟鋼板への穴開けに適しています。パフォーマンス能力としては、SS400の鋼板では「穴径20ミリ・厚さは6.0ミリ」まで、SUS304になると「穴径20ミリ・厚さ4.0ミリ」までとなります。フトコロと呼ばれる奥行きの最大値は55ミリあるため、穴をあけたい鋼板には多種多様な形状のものが選べるというメリットがあります。鋼板への穴あけ作業が終わった後には、自動で刃が戻っていくので、連続した穴あけがスムーズに行えるので、作業効率もググッとアップすること間違いなしです。

またストロークに関しては、手動で戻すこともでき作業や扱いにも幅が出てきます。そして安全システムとしては、圧力規制弁が完備されています。IS-20MPSのパフォーマンスを越えて穴あけ作業をしてしまった時、過度に負荷がかかってしまいます。そうなると自動的に装置が作動し工具を保護しようとしてくれるのです。また二重絶縁構造と言うのもポイントで、感電の恐れは少なく、アースを取り付けなくても使用できる安心と使いやすさの二重構造ともいえるでしょう。

育良精器(IKURA) の電動工具、鉄筋カッター・パンチャー・圧着からのIS-20MPSの用途と詳細

育良精器(IKURA) での電動工具で鉄筋カッター・パンチャー・圧着作業に位置づけられている、ミニパンチャーのIS-20MPSを身近な視線から見てみたいと思います。まずサイズ感から、本体の全長は507ミリ、幅が130ミリ、高さが200ミリです。しかしスタンドに取り付けた状態では550ミリ前後にになります。IS-20MPSの電源はACの100Vなので家庭用のコンセントでも問題なく使え、より深くDIYを極めたい方にとっても揃えておきたい電動工具のひとつになり得ます。

重量は9.0キロと少し重めで女性の方には、持ち運びなど苦労する部分があるかもしれませんが、男性なら大丈夫な重さではないでしょうか。ある程度重量があることで、鋼板などの作業が安定するという効果も生まれます。それと育良精器(IKURA) が用意してくれている本体以外の付属品は、メンテナンスができる片口スパナや六角レンチなどの工具、作業効率アップグッズとしてスタンドやサイドハンドル、購入してすぐに使えるようL11Bのポンチ・ダイスセットで一式です。これらを収納している鉄製のケースは、黒いボックスでデザインもシンプルながらカッコよく仕上がっており、男心を擽ってくれます。IS-20MPSの作業時の動きは油圧式電動工具特有の滑らかさがあります。

鋼板に対しプシューッと言う感じで気持ちよく穴があけられます。鋼板に穴をあけてどうするのかDIYのどこで活躍するのかという疑問には、穴にボルトなどを通して補強材にしたり、スチールラックを自主制作する時などの接合部分作製に役立ちます。なおIS-20MPSは一般的な丸穴のほか横長の長穴をあけることも可能、専用の替え刃を交換する必要がありますが。育良精器(IKURA) のサイトで鉄筋カッター・パンチャー・圧着の項目から進めば適合刃を確認できます。鉄筋カッター・パンチャー・圧着作業に興味がある方は、是非手に入れてみてはいかがでしょうか。市場での価格帯は14万から17万円台とそこそこ、替え刃は各種7千円台となっています。