7月4日(火)各店短縮営業となります 営業時間変更のお知らせ

お客様へのお知らせ

いつもご利用ありがとうございます。

誠に勝手ながら、7月4日(火)は、社員研修のため、各店の営業時間が変更となりますので予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

【7月4日(火)の閉店時間】

●リサイクルモールみっけ    閉店時間:18:00

●おもちゃリサイクルみっけ   閉店時間:18:00

●板橋店  閉店時間:16:00

●世田谷店  お休みになります。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

株式会社ゲンキの平和堂 電動工具買取みっけ
〒277-0837 千葉県柏市大山台1-17
0120-06-4147

電動タイプの登場が利用者の裾野を広げた、チェーンソー

c553127205.1

田舎暮らしに必須?! 電動チェーンソー

LOHASとか田舎暮らしとか、そんなライフスタイル注目されるようになってずいぶんたちますが、実際にそんな生活には苦労が付きもの、現実は甘くないようです。

例えば、遠赤外線効果で暖かな上に環境にもやさしいと持てはやされている薪ストーブ。写真や映像で見ている分には非常に快適そうなのですが、実際に薪ストーブを導入するとなると、もう大変。どこから燃料の薪を調達してくるのか、原木に近い状態のものをどうやって薪に加工するかが大問題となります。

また、田舎暮らしならば庭木の手入れも大変な手間、剪定というよりも伐採という言葉が似合う、大作業が待っているもの。

そこで、重宝するといわれているのがチェーンソー、それも充電式の電動チェーンソーです。
エンジン式のものしかなった時代は、林業や農業を営むプロの工具だったチェーンソー、しかし電動工具の一環として電動チェーンソーが発売になって以来、家庭用で使用がゆっくりと広まりつつあります。

電動チェーンソーのメリットはエンジン式と比較して非常に軽い点。エンジンチェーンソーは重いエンジンばかりか、燃料タンクまで一体化していおり非常に重量があるのが弱点の一つ。

電動チェーンソーはそんな弱点を改善、自家用で使用するハードルを大きく引き下げました。男性はもちろん、非力な女性でも使用できるのが電動・充電式のチェーンソーなのです。

c549198372.1

パワーではエンジンタイプには勝てないもの

利用者の裾野を広げた電動チェーンソーなのですが、やはりいいことばかりではありません。振動も少ない、音も小さく、カンタンに利用できる反面、やはり非力な点は否めないのです。

充電直後ならば充分といえるパワーも、使用するにつれて急速に衰えていく。こういった声は、林業に従事する人たちから特によく聞きます。近年ではバッテリーの質やモーターの省電力化が進んではいますが、持続力という点において電動チェーンソーはまだまだといえそうです。

 

 

日ごろのメンテナンスが高額査定への道

高速に刃を回転させることで木を伐採するチェーンソーは、メンテナンスを怠ると磨耗や焼きつきが起こります。

磨耗は刃を変えれば解消されるのですが、厄介なのが焼きつき。これがいったん起こると本体のガイドバーと刃の両方を交換しなくてはなりませんし、エンジンやモーターの寿命を縮める。そうなってしまうと、買取査定も安い金額しか提示できなくなるのです。

日ごろのメンテナンスが大切、これはチェーンソーだけでなく、電動工具全般にいえること。大切な工具の寿命を延ばし、高価買取につなげることができる習慣となります。

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

正確な穴あけをするなら腰を据えて、ボール盤は据え付けて

l330983254.1

木工から金属加工まで、幅広い用途に

穴あけ作業に必要な電動工具で、まず頭に浮かぶのが電動ドリル。近年は充電式の物が数多く販売されており、どこでも作業できるメリットから人気となっています。

しかし電動ドリルは手持ち式、どうしても手先が狂ったり、ぶれたりといった事態は避けられないもの。正確に垂直に穴あけをしたい。こんな場合に必要となる電動工具がボール盤です。

DIYに重宝するのは、作業台に取り付けて使用する卓上タイプ。工場などでよく見かける、床に据え付ける直立タイプ。さらには、コンピュータにより制御されるNCボール盤など様々な種類がありますが、電動ドリルと異なるのがカンタンに移動できないという点。いずれにせよ、据え付けで使うタイプがボール盤と呼ばれるのです。

ドリルの材質を選べば、木材から金属まで加工できるのがボール盤の頼もしさ。手作業ならば、非常に時間がかかる穴あけを短時間に、電動ドリルならば狂いがちな穴あけを正確にこなしてくれるのです。

 

元々はプロ専用の電動工具でしたが……

ボール盤と呼ばれるものなら、動作の基本はほぼ共通。レバーと連動するドリル部と、穴を開けたい部材を固定できるテーブル部からなっています。レバーを引けばドリル部が下がり、穴が開くという仕組み。

下がり具合は調節ができるので、穴の深さも正確に調節することができるばかりか、中にはドリル部を水平方向に移動できて、部材の様々な箇所に穴あけが可能な構造のものもあるのです。
このタイプはラジアルボール盤と呼ばれ、昔は大きな工場にあるぐらいでしたが、近年ではDIY用途でも購入を検討できるぐらいの価格の物が販売されるようになってきました。

プロはもちろん、DIYのファンまで。
正確に穴を開ける電動工具ならばボール盤、こんな認識が広まっているのです。

 

付属品・別売り品も忘れずにお持ちください!!

ボール盤があるならば、穴あけなら何でもおまかせではあるのです。しかし、穴あけをする素材が金属、さらに口径が大きいとなると、ドリルは1本だけでは足りません。
下穴を開けるドリル、口径に近い太さのドリル、形状を整えるリーマといった具合に複数の刃先が必要となるもの。

そして、開けたい穴の口径の種類だけ、刃先は必要となるのですから、ボール盤を所有している人は大量のドリルも所有しているはず。査定を依頼する際にはドリルもいっしょにお持ちください。また、ドリルの着脱に必要な専用工具も忘れずに。

何か電動工具を買取りに出す際には、替えのオプションや付属している工具も、いっしょに査定依頼をすることが大切。本体のみよりも、高い買取額を提示してもらえることでしょう。

 

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

ざらざらをツルツルに!! あっという間に加工する電動サンダー

182835

大きく分けて2つある、電動サンダー

いつもと違う現場に応援にいくと、いつもの電動工具が違った名前で呼ばれていて、混乱することがよくあります。代表的なものが「サンダー」、電動サンダーだけでも2種類あったり、ある時はディスクグラインダーを指していたり……ここではディスクグラインダーではない方の、2種類の電動サンダーを取り上げます。

サンドペーパーなどをセットして、高速で動かして研磨するのが電動サンダーの役割。そしてセットするサンドペーパーの形で、2種類に分けることができるもの。
通常の電動サンダーとベルトサンダーです。

通常の電動サンダーは、高速に前後運動をくり返す面を研磨したい面に押し当てることで、木材や金属の表面を素早く滑らかに加工します。
一方、ベルトサンダーはその名の通り、ベルト状のサンドペーパーを高速回転させることで研磨するもので、こちらは研磨したいものを押し当てるタイプと、本体を手で押し当てるタイプ、そして両方に使えるものも、近年は人気となっています。ベルとサンダーは使用するペーパーの面積が広い分、連続しての加工が可能となりますから、より硬質な素材や広い面積に向いているといえるでしょう。

 

集塵機能付きの電動サンダーもあるのです

金属加工ではそうでもないのですが、電動サンダーやベルトサンダーを使用していて困るのが、大量に出る木クズ。あっという間に手元が隠れるぐらいの量が削られてしまいますから、スムーズに作業ができなくなるばかりか、ケガなどの事故にもつながりがち。ですから、ほとんどの電動サンダーには集塵機能がついています。
この集塵機能にも違いがあり、掃除機などを接続するタイプと集塵機自体が付いているタイプの2通りに分かれるもの。もちろん、後者のほうが使い勝手がよい分、価格は高価に設定されているのです。

 

 

もちろん新品未使用が、一番高く買えるから!!

さて、電動サンダー、ベルトサンダー両タイプとも当店では大歓迎。絶賛買取中なのですが、高価買取のためのコツを少しだけ。
まず、集塵機能周りの掃除。特に集塵袋の中の掃除がしてある場合と、していない場合では、ずいぶん心象が違うもの。カンタンで結構ですのですから、電動工具の買取を依頼する際には、ちょっとした掃除を忘れないようにしましょう。
また、電動サンダーにはサンドペーパーに、集塵用の穴を開けるためのパンチが付属しているはず。買取に出す際には、ぜひ忘れずにいっしょに査定に出して下さい。

電動サンダーに限らず、電動工具は新品未使用に近い状態のものほど、高価買取が可能になるものです。だからといって、状態が悪いと買取れないという意味ではないので、一度相談してもらえればと思うのです。

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

釘を使うまでもない、そんな大工仕事にタッカーが活躍

m171125860.2

必要なパワーに応じて、使われているのは2種類

革やキャンバス張りのイスをひっくり返すと、これらの素材が金具で木材に止められていることに気付きます。釘には見えないこの金具、職人さんの世界ではステイプルとかタッカー(針)と呼ばれており、さほど強度を必要としない、軽いものの固定によく使われるものなのです。
利点は、タッカーと呼ばれる巨大なホチキス状の道具で素早く打ち込むことができる点。しかし固定箇所や回数が増えてくと、握力を利用した手動のタッカーではどうしても、作業効率が下がってしまいます。

そこで、登場したのが電動タッカー。モーターの力を利用してステイプルを打ち込むものと、空気圧を利用して打ち込むもの、方式には2通りあるのですが、革やキャンバスを柔らかい木材に固定するならば電動タッカー、ベニアなど厚手のもを固定したり、固い素材に打ち込んだりするのに使用するのはエアタッカーといった具合に使い分けられているのです。

ですから、家具造りの現場やDIY用途に主に使われているのが電動タッカー、建築現場で使われているのがエアタッカーということができるでしょう。

 

 

電動タッカーならば、主流はコードレスタイプ

バッテリーの性能も上がっていますから、近年はコードレスのタイプの電動タッカーをよく目にするようになりました。メリットはカンタンに取り出して、どこでも使うことができる点。身軽にバンバン、ステープルを打ちたいという場面で大活躍してくれます。

一方でルーフィングの固定など、力が必要な場面で活躍するのがエアアタッカー。電動タッカーと比較すると打ち出す力は段違いに強いものの、圧縮空気を利用しますからエアタッカーにはコンプレッサーやタンクが必須となるのです。

t435856185.1

意外と需要が高い、エアタッカー

さて、DIYならば電動タッカー、先程はこんな風にいいましたがDIYといっても用途は色々。ちょっとした大工仕事を片付けるには、電動タッカーでは役に立たないというケースはよくあるものです。
ですからエアタッカー、そしてパワーがあるエア工具をDIY用途でも使用したいという声はあるもの。コンプレッサーやタンクも、パーソナルユースの需要が高いのです。ですからエアタッカーの買取を考えているならば、コンプレッサーやタンク、ホースなども一緒に査定させて下さい。

もちろん、需要が高いのはエアタッカーだけではありません。気軽に使える電動タッカー、あれば便利なのに……こんな声も店頭ではよく耳にします。やっぱりパワー不足で使えなかった、そんな使用感の浅い電動タッカーもガンバって査定いたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

日本の電動工具の歴史はここから!! 電気カンナ

marketenterprise_2006-img600x449-1487846655d1fjy326026

大工さんの作業環境を、飛躍的に改善

今では米ブラック・アンド・デッカー社に次ぐ、世界第2位の電動工具メーカーといえばマキタ。しかし、そんなマキタも創業当時は電動工具を手がけていたりはしませんでした。
現在の地位を確立するきっかけとなった、最初の電動工具は電気カンナ。マキタが日本で最初に手がけたところ大ヒット。それまでは熟練した職人さんが手動でおこなっていたカンナがけ。これがキレイに、たやすく、すばやくできてしまうものですから現場にもたらせたインパクトは絶大。大工さんを中心に大勢の人々の苦労を軽くしたのです。

そこで名声を得たからこそ現在のマキタがある、日本の電動工具の元祖が、電気カンナといっても過言ではないのはこんな理由なのです。

 

 

電気カンナの需要は消えることがない

電気カンナの原理は、刃が付いたドラムを高速回転させて、表面を削っていくというもので電気シェイバーと似ています。削り取る木材の厚さも、手掛けのカンナならば指先の感覚に頼っていたのに、電気カンナならばドラムと木材の距離をつまみを操作するだけで、カンタンに誰でも調節できてしまいます。

さらに、木材をセンチメートル単位で削って薄くするといった面倒な作業も、電気カンナが大いに省力化。加えてローズウッドなど、従来ならばより高い技能を必要とした硬質な木材の加工も、刃を交換することで、たやすくおこなうことができるようになりました。

時代が進んでも、いや時代が進んだからこそ、今だに高い需要があるのが木造の住宅。木が持つぬくもりや、鉄に勝るとも劣らない時代を超えるタフさが見直されています。
従来ならば、豊富な経験が必要だったり、体力や忍耐力が必要だったりしていたカンナがけを誰もができるようになったというのが電気カンナ。需要はこれからも増えることはあれど、減ることはないといえる電動工具なのです。

 

電気カンナ、高額査定の秘訣とは?!

電気カンナも様々な電動工具のメーカーがリリースしているのですが、それぞれメーカー専用の替刃を使用しなければならないもの。切れ味が鈍った場合も、研磨して再利用したり、刃の交換が必要だったりと、その方式も様々です。
ですから電気カンナの査定を依頼される場合には、必ず替刃やレンチなどの付属品を一緒にご提示ください。

また木工用の電動工具に共通なことなのですが、木クズはなるべく取り除いてから査定を依頼してください。そちらの方が心証が大幅にアップしますから、高価に査定価格を出すことが可能となります。

付属品を忘れないこと、少しだけでも掃除をすること、後は取扱説明書などもあれば完璧。ベストの査定価格でお応えいたします!!

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

どんな素材でも切る、削る、磨く!! 万能の電動工具、ディスクグラインダー

mickemicke2012-img600x450-1487302864ju1s5n13915

コンパクトなサイズも、使い勝手の良さの秘密

円盤状の砥石を高速で回転させて、切ったり、削ったり、磨いたり。そんなディスクグラインダーは非常に使い勝手がよい電動工具。
先端の砥石次第で、プラスチックや木材はもちろん、金属やコンクリートなどなど幅広い素材に使うことができますから、様々なジャンルの職人さんにとってなくてはならない電動工具の一つ、「サンダー」なんて呼ぶ人も多いツールです。

ですから、様々な現場や工場で使われているのですが、主な用途としてはまず切断。よほど分厚く硬い鋼板を除けば、大抵のものはこれ1本で用は足りてしまいます。

次にでぃすくグラインダーが使い勝手がいいのは研磨での使用。サンドペーパーを使用したサンディングディスクを用いれば木材のカドを丸めたり、くぼみをつけたりする加工もカンタン。ワイヤーを使えばしつこいサビもカンタンに落ちますし、ツヤを出したい場合にはフェルトバフに交換すればいいのです。

こんな便利なディスクがラインダーを、ますます使い勝手のいいものとしているのが、そのサイズ。片手で片手でも取り回しやすい大きさですから、どこでも使えるのが大きなメリットとなっています。

 

ハンディさを重要視するなら、コードレスタイプを

ディスクグラインダーの使い勝手のよさを発揮させるならば、やはりコードレス。充電式のものならば、どんな場面でもすぐに使えてしまいますから、ますます万能感が増すというもの。その上最近のものは軽量ですから、どこへでも持っていきたくなる機動性の高さがセールスポイントとなります。

トルクを必要とする場面で連続して使用するならば、心強いのがコード付き。こちらはタフさがウリの一つ。工場など電源確保がたやすいケースで選択するとならば、やはりコード付きの方が使い勝手が良いとなるでしょう。

そんなディスクグラインダーなのですが、仕組みはモーターに付いた様々なディスクを回転させているだけで、構造自体は実はカンタン。そんなこともあって、様々な電動工具メーカーが手がけているものです。
聞いたことがあるメーカーならば、間違いなく自社ブランドで発売していますから、充電式の場合なら特に手持ちの電動工具とブランドをそろえるというのもおススメです。

 

中古市場でも、もちろん高い需要があるのです

DIY用途から、タフなプロの現場まで。幅広く使われているディスクグラインダーだけに、中古市場でも非常に高い需要を常に抱えています。ですから、どんなタイプのものでも大歓迎となるのですが、特にうれしいのがプロ仕様の充電タイプ。

予備機として欲しいとの声も耳にしますし、実際に入荷する端から売れていきますので、いつでも大歓迎。使っていないディスクグラインダーなら、ぜひ当店でご相談ください。

 

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

がんこな付着物を強力にはがす、電動剥離機 ハツリ買取

p432678267.2

解体以外のハツリの現場とは?

ハツリと聞くと、もっぱら専門にしているのは解体業者。用いるツールは電動ハンマやコンクリートブレーカーと呼ばれる破砕系の電動工具。そんなイメージがありますが、ハツリとは元々、斧などで叩ききる様子を表したもの。コンクリートの壁を破砕するのもハツリならば、形や表面を整えるのにノミを用いて、表面を削ることもハツリというのです。

そんな後者のハツリ作業で、必要となるのが電動剥離機、細かく振動する刃を持った超振動式の電動工具。
コンクリートの外壁や鉄筋製の橋梁、これらの表面のを保護したり装飾したりするために、ほどこされた塗膜や接着されたタイル、モルタル、シートなどを剥離させるために用いるもの。他には表面にできたサビや、付いたままで固まった接着剤などにも有効なのが電動剥離機なのです。

 

アスベスト除去の現場でも活躍中

このように電動剥離機が活躍するのは、もっぱら防錆など塗装の現場でした。しかし、近年では解体の現場でも電動剥離機が欠かせないものとなっています。
それは、発がん性が指摘され社会問題となったアスベストの層を剥離するため。
廃アスベストは人体に影響を与えないよう、通常の廃コンクリートなどとは別に処理をほどこす必要がある。ですから解体工事に入る前に、あらかじめアスベストのみ除去するのに電動剥離機が大活躍しているのです。

電動剥離機の刃が振動するのは毎分1万回以上、これほど高速に振動することで剥離が容易になるだけでなく、粉じんが飛び散るのを防ぐことができるという特性を持っています。
ですから、粉じんが作業者に与える影響が心配になるアスベストの除去にも欠かせないのですね。

p432678267.3

電動剥離機にも、高い需要が!!

東京オートマチック、ミタチ、サンコー……。電動剥離機は少し特殊な電動工具だけに、一般的には認知度があまりないメーカーが数多く製造しています。
こんなマイナーな電動工具、本当に中古の需要があるのかな? そんな風に心配しなくても大丈夫。当店はプロの方々が多く利用していますから、電動剥離機のようなマイナーなツールにも充分な需要があるのです。少々状態が悪くても大丈夫、なぜならプロは見た目よりも性能を重視するからです。

とはいえ高価で買取ができるのは、やっぱり状態がいいものとなるのはご理解下さい。できれば刃や本体などについている汚れは取り除いた後に査定させてもらえれば、よりよい買取価格でのオファーができるでしょう。
当店はこれぞプロツールという電動剥離機から、DIY用途のものまで電動工具なら幅広いジャンルが買取可能、一度お問い合わせ下さい。

 

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

何でもござれの万能切断電動工具、バンドソー

p502170109.1

細かい作業なら、据え付けタイプのバンドソー

糸ノコ盤、何だか中学校の技術室を思い出しますね。
バンドソーは、これと同じような見かけと機能を持つのですが、糸ノコ盤との違いは、刃の部分の形状がバンドになっている点。帯状の刃になっているから、帯ノコなんて呼ぶ職人さんもいるのです。

このバンドソーが使われるのは、細かな切断作業が必要なケース。工場や工房といった様子の場所が多いはず。
木材やアルミといったアルミといったやわらかいものはもちろん、刃さえ交換すれば鉄やジュラルミンといった硬い金属の切断も可能。音も小さいので、家庭でのDIY用途にも向いている電動工具です。

バンドソーのメリットは、刃を上下運動させる糸ノコやジグソーと比較して振動が小さく、火花や切くずが飛び散ったりしないところ。熟練は必要なものの、比較的容易に曲線などの複雑な切断作業もこなすことができるのです。
小さなパーツを自作しなくてはいけない、こんなケースでプロ・アマ問わずに必要となってくる電動工具がバンドソーなのです。

様々なものを切断できる、そんなメリットを活かして

刃さえ替えれば何でも切断してしまう、そんなバンドソーなのですが、価格の安いエントリーモデルはやはり木工向き。プロ用のものとなるとトルクが大きいかわりに高価になっていくものです。
安価なタイプで広く使われているメーカーは、やはりリョービ。高価なプロ用となるとマキタや日立工機など、他の電動工具でもシェアが高いメーカーが人気となっています。

またバンドソーは、糸ノコ盤のような据付型だけではありません。持ち運びができるポータブルタイプもあり、パイプや全ネジなど、様々なものを切断するのに用いられています。こちらは、あまり細かい切断作業には使わないようですが……。

据え付けタイプもポータブルタイプも

非常に使い勝手のよいバンドソーなのですが、多くのタイプが据え付け式。コンパクトに収納しておくということができませんから、使用頻度が少ないと作業場の障害物になってしまいます。
せっかく買ったバンドソー何だけど、最近は使用頻度が低いなあ。
そんなことを感じたら、ぜひ当店に買取を依頼して下さい。高価買取で現金を手にできるばかりでなく、作業環境の改善にもつながることでしょう。

加えてどこへでも持ち運びができて、何でも切断できるポータブルタイプのバンドソーも汎用性の高さから人気も高いもの。愛用している切断用工具の予備機として探している方も多いのです。こちらも高価買取が期待できる電動工具ですから、ぜひ当店にご相談下さい。
替刃など消耗パーツだけでも買取は可能です!!

 

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

ぶっとい鉄骨も思いのまま、ビル建築に欠かせない鉄筋カッター

k223445355.1

鉄筋カッター、これぞプロのツール

DIYは楽しいものという考え方が広まるにつれ、ホームセンターは売り場を拡大、家庭用の電動工具の販拡に努めています。
しかし、そんな売り場で見かけない、プロ用に特化した電動工具は数々あるもの。例えば鉄筋カッターもその一つです。

鉄筋を適当な長さにカットする、そんな場面で活躍するのが鉄筋カッター。数本の鉄筋をカットするならば、家庭用のグラインダーでも事足りるでしょう。しかし、そうはいかないのがプロが活躍する現場。数100本という数の鉄筋を短時間で切らなければなりません。

そこで、鉄筋カッターの出番、種類は大きく分けて2つ。
1つ目は電動で油圧をかけて、鉄筋をねじ切るブロック刃タイプ。2つ目は高速で丸刃を回転させて切る、チップソータイプ。
ブロック刃タイプの鉄筋カッターは、動かせる状態の鉄筋を決められた長さに切断する際に、チップソータイプの場合は、コンクリートなどから突き出ている動かせない鉄筋を適当な長さに切断する際に利用します。
チップソータイプの鉄筋カッターは壁のツラに合わせて、鉄筋を短くすることもできますから、ツライチカッターと呼ばれたりもするのです。

あまり耳なじみのないメーカーでも高評価

鉄筋カッターは、プロユースの電動工具だからでしょうか? 現場でよく聞くのは、あまり耳なじみがないメーカー名。
例えば、ダイヤモンドブランドを展開するIKKは鉄筋加工に特化したメーカー。ブロック刃・チップソー両タイプの鉄筋カッターだけでなく、鉄筋を曲げるベンダーや加工機など、その世界では非常にメジャーなメーカー。同様の成り立ちをしているメーカーとして、他にはオグラも有名です。

他には電動工具の超有名メーカー、マキタや日立工機なども鉄筋カッターを手がけているもの。これらのメーカーが人気の理由は、営業拠点が多くメンテナンスの不安が少ない点や、コードレス機ならばバッテリーの互換性を重要視するためです。

どこのメーカー製にせよ、非常にタフな作業を強いられる鉄筋カッターは、鉄筋の職人さんにとってなくてはならない電動工具。これがないと仕事にならないレベルの重要なツールなのです。

鉄筋カッターだけでなく消耗品も、ご期待下さい!!

鉄筋職人の必須アイテム、鉄筋カッター。非常に高価な電動工具ですが、手頃な価格で売っているならば予備機に1つ。そんな連想が働くのでしょう、中古市場では人気の品です。
ブロック刃・チップソー両タイプの鉄筋カッターには、それぞれ電源コードを必要とするものと充電式のものが販売されており、コードレスタイプの方が高価なもの。
ですから買取の場面でもコードレスタイプの方が高値の傾向があります。

また鉄筋カッターの命といえば、鉄筋を断ち切る刃の部分。消耗品ながら高価なこれらのパーツにももちろん値段が付くものです。本体の買取を検討しているならば、忘れずに消耗品や付属品も一緒に査定に出してください。より一層の高価買取をお約束します。

 

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。