海はなくとも体も心も癒される自然の都 花と果物の街「柏」

「千葉県」と言うと、外房・内房と海に囲まれたイメージが強いのでは?!温暖で住みやすさを魅力にもつ「千葉県」の魅力は柏市にあります。都心にも近く、四季折々の花と果物、お土産品が訪れる人をとりこにします。名産品はお取り寄せも可能なものもあり、それでもまた足を運びたくなる魅力にあふれる千葉県柏市の「柏産まれ」の数々をご紹介します。

 

 

 

 

収穫量第一位の「柏の梨」は、地元お薦めの絶品!

「果物の中で何が好き?」と聞かれたら、みなさんは何と答えますか。日本は果物が美味しい国。一年中スイカの食べられる国があれば、季節の中で本当に短い期間だけ、「旬」を味わえる果物がたくさんあります。その中でも絶品と言えるのは「柏の梨」。柏駅近くのデパート前で、この「柏の梨」のイベントや販売が行われると、購入のために列を作る人がいるほど人気です。

 

「柏の梨」にもたくさんの種類がありますが、どのくらいご存知ですか。梨の中でも豊水は「糖度が高く、水分が多いのでみずみずしく、酸味と甘みのバランスがとても良い」大玉サイズが特徴です。他にも、幸水、新高(新高)、新興(しんこう)、かおり、あきづきなど、品種にもバラエティがあります。

 

 

千葉県の梨は、全国で第一位の栽培面積で1,500ヘクタールを超え、収穫量や産出額ともに首位を維持している名産です。千葉県で梨の栽培が始まったのは「江戸時代」、歴史のある日本梨の栽培に最適な土地で、急速に拡大されました。土壌・気象とも最適な土地ですが、美味しい梨を作るための技術が磨かれており、今でもその技術は伸び続けています。育てる産出者の方々の努力や長年の構築されてきた技術が、最高の梨を作り、全国・世界に運ばれています。みなさんのご家庭の食卓にも、今年の夏の終わりに並ぶでしょうか。味が自慢の柏市の梨、「柏の梨」が美味しく食べられる「旬」は、8月から9月です。

 

 

 

 

 

 

一年中「野菜」が収穫できるのは、千葉の地質が造る柏の魅力

柏市にお住まいの方や訪れたことのある方はご存知かもしれませんが、本当に多種多様な品種の野菜が一年中購入できます。例えば、「かぶ」も柏市の名産で、全国へ発送される季節の野菜です。一年を通して野菜を収穫できる「柏市」は、梨同様、関東地方の中でも温暖な地域であることが、最大の味方です。他にも、柏市ならではの改良された品種の野菜やブロッコリー、カリフラワー、水菜、大根、ねぎ、菜花、葉物など・・・。野菜の種類を列挙しているわけではなく、収穫できる野菜をあげていますが、本当に数多くの青果物が産出されているのです。柏市の名産は「かぶ」だけでなく「青果物」もしくは、「野菜」と言った方が正解かもしれません。スーパーや八百屋などで、パッケージがついていたら見つけてください、産地が千葉県「柏市」のたくさんの野菜を!

 

 

 

 

 

 

「柏のお土産」工芸品は、柏市で生まれ育った人たちが造る技術と温もり  

全国の工芸品は、減少しつつありますが、柏市にはお土産としても最高の品が整っています。「千葉県指定伝統的工芸品」にも登録されている「関東牛刀(洋包丁)」つまり牛刀と、「ビーズ細工」があります。伝統的な手法で製作される牛刀は、「光月」が銘。50年を超えるビーズ工芸職人が作るビーズ細工は、多岐にわたる小物や装飾物などが用意されています。

千葉県柏市は、東京都近郊で、通勤や通学のために移転して来られる方も多い地域です。里帰りや来客の方へのお土産にも、柏市の工芸品は喜ばれるかもしれません。

 

柏市は、高速道路や国道などの交通も発達しており、観光にも近隣の外出にも利便性が高いエリアです。「柏の梨」や季節の果物や野菜、そして工芸品と、柏の魅力は名産にも表れています。是非、訪れた時は手に取ってご覧になっていただければ、もっとその魅力の味を楽しんでいただけると思います。